ワキガを予防する石けんの選び方

ワキガを予防する石けんの選び方とは?

ワキガを予防するには清潔を保つことが大切です。清潔を保つために毎日石けんできれいに洗います。では、どんな石けんがワキガ予防に効果的なのでしょうか。

 

風呂

 

ワキガの原因

 

ワキガの原因は雑菌が作り出す物質です。

 

汗にはアポクリン汗腺からでるものとエクリン汗腺からでるものがあります。ワキガの原因はアポクリン汗腺からの汗で、タンパク質・糖・脂質などを含んでいて、これらの成分を雑菌が分解してできるアンモニアやインドールなどの臭い物質が原因です。

 

腸内と同じように皮膚にも善玉菌や悪玉菌が住み着いています。ワキガが気になる方は悪玉菌が多いといえます。善玉菌が住みやすい環境に整えてあげれば、悪玉菌が減少して臭いの発生を抑えられます。

 

石けんの選び方

 

悪玉菌はアルカリ性の環境を好むので、弱酸性の石けんを使用します。肌が弱酸性といわれるのは、善玉菌が作り出す物質によります。弱酸性に保たれることで、悪玉菌の繁殖が防がれています。

 

殺菌効果がある石けんもよいでしょう。ただし、殺菌効果が高いと肌荒れを起こす方もいるので、肌の調子に合わせて使用してください。

 

洗い方

 

臭いを落とそうとゴシゴシこすりたくなるかもしれませんが、ゴシゴシ洗いは禁物です。強くこすって洗うと、肌が乾燥して善玉菌が住みにくい環境になってしまいます。シャワーを浴びるだけでも善玉菌が80%も減少するので、善玉菌を守るように優しく洗いましょう。

 

よく泡立ててこすらないようにします。乾燥がひどい方は、泡を立て手で洗います。ナイロンタオルは肌を傷つけるので、天然素材がおすすめです。

 

保湿忘れずに

 

入浴後は急速に水分が奪われるので、ローションやクリームで素早く保湿をします。保湿をすることで肌の調子が整い、善玉菌が住みやすくなります。ワキガ用ではなく、一般的なボディークリームでよいです。他の臭いと混ざると変な臭いになってしまうので、ワキガが強い方は無香料のローションやクリームがおすすめです。